智弁学園、「恵みの雨」で連戦回避 軽めの練習で汗流す

[PR]

 第93回選抜高校野球大会の大会本部は28日、予定していた準々決勝4試合を雨のため中止とし、29日に順延すると発表した。試合をする予定だった8校の選手たちは、阪神甲子園球場の室内練習場で調整した。

 智弁学園(奈良)の小坂監督は「恵みの雨」と順延を喜んだ。27日に2回戦を戦った選手たちは疲労がたまっていたといい、この日は軽めの打撃練習で汗を流した。主将の山下も「これで疲れがとれると思う」とホッとした様子。相手の明豊は左右タイプの違う投手をそろえているが「1、2回戦と同じで、つなぐ打撃をするだけ」と力強かった。