東海大菅生、中京大中京・畔柳に「打ち負けないように」

[PR]

 第93回選抜高校野球大会の大会本部は28日、予定していた準々決勝4試合を雨のため中止とし、29日に順延すると発表した。試合をする予定だった8校の選手たちは、阪神甲子園球場の室内練習場で調整した。

 東海大菅生(東京)は相手の中京大中京のエース畔柳をイメージして打撃練習した。若林監督は「150キロ超の力強いボールが来る。打ち負けないように空振りしてもいいぐらいのつもりで振ってほしい」。主将の栄は「プロ注目の投手ですが制球は荒れているので、走者をためて3、4点は取りたい」と気持ちを込めた。