立憲・枝野代表、宮城・大阪に「緊急事態宣言が必要」

吉川真布
[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は28日、松山市内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染再拡大が広がる宮城県大阪府について「緊急事態宣言が必要だ」と述べた。

 枝野氏は「大阪は時期尚早のタイミングで自ら(緊急事態宣言の)解除を求め、宮城県は(飲食店支援策の)『Go To イート』を地元で独自に進めていた。そしてこの結果だ」と指摘。「それぞれの知事の責任は大変重たい」と述べ、大阪の吉村洋文、宮城の村井嘉浩両知事の対応を批判した。

 また首都圏についても「残念ながら明確にリバウンド(感染再拡大)に入ったと言わざるを得ない状況だ」と述べた。「そもそも解除が時期尚早だった。ただ協力しろ、自粛しろということだけでは、こうした(再拡大の)状況になる結果は見えている」と菅義偉首相の判断に疑問を投げかけ、「政権を代える以外に今の危機を乗り越えることはできない」と述べた。

 立憲民主党は28日、次期衆院選の愛媛1区で元参院議員の友近聡朗氏(45)を擁立することを発表した。枝野氏が地方に出張するのは、緊急事態宣言が解除されてから初めてとなる。(吉川真布)

拡大する写真・図版立憲民主党の枝野幸男代表=2021年3月28日、松山市内、吉川真布撮影