常識覆す世界フィギュア王者の4回転 日本勢の対抗策は

有料記事

[PR]

 ネーサン・チェンの4回転ジャンプのすごさは、ルッツとフリップを簡単に跳び分けてしまうところだ。

 左足のエッジのアウトサイドで踏み切るルッツはカウンターサイド(ジャンプの回転と逆方向)にひねってから跳ぶ。フリップは順方向に回りながら跳ぶ。構造的に違うので、たいていどちらが得意か分かれる。回転速度の速い4回転となると、跳び分けは非常に難しい。

 自分はルッツの方が得意だったので、4回転フリップとなるとなかなか現実的ではなかった。チェンは現在4種類の4回転を跳ぶが、どれも無駄がない。

 そして、チェンの最も特徴的なところは、体の締め方にある。両腕の位置だ。

 多くの選手は、ジャンプの空…

この記事は有料記事です。残り757文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]