コロナワクチン接種の段取りがわかる 毛呂山町が動画

新型コロナウイルス

西堀岳路
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種ってどうやるの? 埼玉県毛呂山町は高齢者向け集団接種を来月始めるのを前に町民の疑問や不安に応えようと、職員によるシミュレーション訓練の様子を説明付き動画にした。ユーチューブへ投稿しており、誰でも見ることができる。国が示した一般例に沿って進めているため、他の自治体の住民にも参考になるという。

     ◇

 接種訓練は24日、会場となる町東公民館で実際と同じ設営をして行われた。動画は、受付から接種、その後の経過観察まで、町民役の職員の動向を追う7分29秒。案内役の井上健次町長が「ここで接種券、予診票、番号札を提出します」などと説明する。

 町担当者は「町民にイメージをもってもらおうと作ったが、投稿から16時間で160回視聴という注目度に驚いた」という。

 町の高齢者人口は約1万2千人。ワクチンの供給量が少ないため、まずは80歳以上の約3700人を対象に4月27日から集団接種を始める。20人ずつ入る待合室、仕切りを使った診察室、接種室、接種済み証発行所を1セットに、公民館の大きな部屋三つにそれぞれ同じセットを開設。医師と看護師がセット間を移動する方法で、「密」を避けつつ効率を上げることにしている。

 動画は町ホームページの新着情報「接種会場シミュレーション」からアクセスするか、直接ユーチューブで見ることができる。(西堀岳路)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]