インドネシアの教会で自爆テロか 参列者ら20人がけが

野上英文
[PR]

 インドネシア・スラウェシ島南部マカッサルの教会付近で28日午前10時20分(日本時間同11時20分)ごろ、爆発が起きた。地元警察によると、信者ら20人がけがをした。国家警察長官は会見で、過激派組織「イスラム国」(IS)系の地元組織のメンバーによる自爆テロとの見方を示した。

 警察の会見によると、マカッサル大聖堂の入り口付近で大きな爆発が起きた。当時、日曜礼拝が終わったところで、バイクに2人乗りした男女が教会に侵入しようとして自爆し、死亡したという。この爆発で、付近にいた守衛や信者らがけがを負った。SNSに出回っている事件直後の付近を映したとされる映像では、焼け焦げたバイクがゲートそばに横たわっていた。野上英文