福岡大大濠、初回に好機で併殺 「打線になりきれず」

[PR]

(29日、選抜高校野球 東海大相模8ー0福岡大大濠)

 福岡大大濠打線は、3安打に抑え込まれた。一回、1死から連打で一、二塁としたが、4番の川上陸斗(3年)が併殺打に。その後は相手投手のペースを崩すことができず、安打は六回の毛利海大(かいと)(同)が放った中前打だけに終わった。川上は「追い込まれる前に打たないといけなかった。打線になりきれなかった」と悔しがった。