認知症患者の裸撮影、看護師ら3人処分 LINEで共有

[PR]

 高知市の高知記念病院で昨年、認知症などの症状がある高齢男性患者の裸を女性看護師が撮影していたことが分かった。画像は同僚2人と無料通信アプリ「LINE(ライン)」で共有して見ていたという。病院は今年2月、職員3人を減給や出勤停止などの懲戒処分にした。

 病院によると、昨年9月ごろに40代の女性看護師が病室で裸になっている男性をスマートフォンで撮影し、同僚のともに30代の女性介護職員2人と画像を共有していた。うち1人の女性介護職員は男性が転倒した姿を撮影し、介助していたが、病院は先に介助しなかったことを不適切と判断したという。