パワハラ相談担当の厚労省職員、パワハラで懲戒処分

岡林佐和
[PR]

 厚生労働省は29日、部下だった男性(33)にパワーハラスメントをしたとして、政策統括官社会保障担当参事官室の室長補佐(当時)の男性を、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 同省によると、室長補佐は2017年、部下の男性に「死ねっつったら死ぬのか」などと威圧的な口調で指導した。男性がうつ病を発症したのは上司のパワハラが原因だったとして、同省が今月2日、民間企業の労災にあたる「公務災害」に認定していた。この上司は、ハラスメント防止のために各課に配置された「パワハラ相談員」だった。

 大企業にパワハラ対策を義務づけるパワハラ防止法が昨年6月に施行されるなど、厚労省パワハラ防止の旗振り役でもある。同省人事課は「このような事態を招いたことを重く受け止める」とし、管理職研修を徹底するなど再発防止に努めるとしている。(岡林佐和)