聖火リレー、注意しても密 走者にスマホを向けて人人人

有料会員記事

[PR]

 25日に始まった東京オリンピック(五輪)の聖火リレーで、最初の週末を迎えた28日に栃木県の沿道で観客の「密状態」が発生した。大会組織委員会は初めてと認定したが、最初の福島県でも密集を懸念する声があった。聖火は来月、新型コロナが感染再拡大の兆しを見せる愛知県大阪府を通過する。「密」を防ぐ手立てはあるのか。

 初めての「密状態」が起きたのは、リレー4日目の日曜の朝だった。28日午前9時20分ごろ、足利市の陸上競技場で、第1走者のタレント勝俣州和さんから聖火を受け継いだ第2走者がゲートをくぐって場外へ走り出ると、沿道の柵に沿って肩を寄せ合う人だかりができた。勝俣さんを見ようと集まったとみられる。

 組織委は密集を「肩が触れあう程度」などとしており、悪化した場合は中断し次の地点に「スキップ」すると説明していた。担当者は「短時間だった」と判断し、中断はしなかった。

 人が集まりやすい著名人ランナーについて、組織委は密集回避策として観客を制限できる場所を走ってもらうことにしているが、今回は会場のすぐ外で密集が起きた。スタッフが沿道で注意していたが、「それを上回るペースでそのエリアに限定的に人が集まった」(担当者)としている。

 「密状態」とは認定されなかったものの、その後も栃木市で、同市出身のタレント・石川恋さんが遊覧船に乗ってリレーした巴波(うずま)川沿いに多くの人が集まった。主催者側が「密集・密接を避けて」と呼び掛けたが、人混みは変わらなかった。

 小山市の沿道でも、ランナーが通る1時間以上前から多くの観衆が集まっていた。スタッフらが「密集しない」などと書かれたパネルを掲げ、「左右を空けてください」と呼びかけたが、歩道いっぱいに人が集まった場所も。ある聖火ランナーは沿道に大勢の人が集まるのを見て、「スキップされたら」と不安になったという。

「さらに密が起こる可能性は出てくる」

 29日も、入場を制限した壬…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら