ミャンマー国軍、少数民族支配地域を空爆 3千人タイに

有料会員記事

バンコク=福山亜希
[PR]

 クーデターで国軍が権力を握ったミャンマーで、クーデターを批判する少数民族武装組織の一部と国軍との戦闘が激しさを増している。東部カレン州の武装組織が支配する地域を国軍が空爆し、住民ら約3千人が国境を越えてタイ側に避難する事態になった。

 現地報道によると、「国軍記念日」だった27日夜、国軍はタイと国境を接するカレン州を拠点とする「カレン民族同盟」(KNU)の支配地域を2度にわたり空爆。3人が死亡し、さらなる空爆を恐れた住民らがタイ側に逃げた。空爆は28日にもあったという。

 ロイター通信は支援団体の話として、タイ当局が29日、このうち約2千人をミャンマー側に強制的に帰したと報じた。タイ当局者は同通信に、難民はタイ側にとどまっていると説明しており、実際の状況ははっきりしないが、事実なら厳しい批判を浴びそうだ。

 KNUはクーデターを批判。自らの支配地域で市民の抗議デモを自軍の兵士に護衛させ、国軍の食料輸送ルートを絶ちもした。また、アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)の当選議員らで組織する「連邦議会代表委員会」(CRPH)と協議を持つなど、NLD支持派と協調する姿勢を見せていた。

 これに対し、国軍側は22日…

この記事は有料会員記事です。残り791文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら