ゴーン被告、逃亡成功の理由語る 「日本の対応は…」

有料会員記事

サンパウロ=岡田玄
[PR]

 レバノンに逃亡中の日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(67)が28日放送のCNNブラジルとのオンラインインタビューで、自身の逃亡について「日本はよく組織化され、対応が予測できる」ため、「迅速な計画が成功した」と述べた。

 ゴーン元会長はブラジル生まれで、ブラジル国籍を持つ。インタビューで元会長は、「日本の強みはよく組織化されていることだ。しかし、だからこそ、予測可能でもある。予測できるなら、仕組みから逃れる可能性がある」と語った。ただ、逃亡計画の詳細については言及しなかった。

 また、自身に向けられた会社法違反の罪などをめぐっては、ルノーと日産の最終的な合併を止めるための「クーデター」だったとし、「検察と日産の一部の関係者が、経済産業省の支援を受けて実行した」と主張した。逮捕されたことについては「冗談かと思った」と振り返った。

 元会長の妻キャロル氏もオン…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら