自衛隊の軍艦防護、増加 安保法制5年、広がる任務

有料会員記事

北見英城
[PR]

 集団的自衛権の行使を一部容認する安全保障関連法が施行され、29日で5年を迎えた。自衛隊が平時から米軍の艦船や航空機を守る「武器等防護」の件数が伸びるなど、日米間の防衛協力が進む。一方、東シナ海南シナ海をめぐる米中の摩擦が強まるなか、自衛隊が偶発的な戦闘に巻き込まれるリスクもはらむ。

 加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、安保法制施行5年について問われ、「日米同盟はかつてないほど強固なものとなり、抑止力、対処力の向上も図られてきている」と評価した。

 安保法制で可能になった任務で、自衛隊が平時から他国軍の艦船などを守る「武器等防護」は、米軍に対して2020年に最多の25件が実施された。日本近隣での北朝鮮の弾道ミサイル警戒や、自衛隊との共同訓練などに臨む米軍の艦船、航空機を守る活動で、施行翌年の17年が2件だったのが、18年16件、19年14件と実績を積んでいる。

 外務省幹部は施行後の5年間…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。