練習試合の最後はなぜか全力疾走 関西の弓道部のなぞ 

有料会員記事

田中祐也
写真・図版
兵庫教育大弓道部の部員に全力疾走を再現してもらった。コロナ禍の前の習慣なのでマスクを外してもらった=兵庫県加東市、槌谷綾二撮影
[PR]

まだまだ勝手に関西遺産

 今から10年以上前、同僚と鍋を囲んでいたとき、学生時代の部活動の話になった。奈良女子大弓道部出身の記者がポツリと言った。「練習試合の後に謎の全力疾走があったんですよ。あれは大変だったなぁ」

 全力疾走? 同僚によると、練習試合後、弓道場の外でお互いに整列してあいさつをするのだという。本拠地でないアウェーの大学はその瞬間、弓と荷物を持って、練習相手の姿が見えなくなるまで走る。走っている間は無言で、遅れると先輩に「早く! 早く!」と怒られた。

 同僚の説明は続く。関西の大学はどこも走っていたが、定期戦で対戦したお茶の水女子大(東京)の学生に聞くと、「東京にそんな習慣はない」と。今回、同僚に聞いてみた。「理由は今も謎のまま。私はなんで必死になって走ってたのかな……」

今も走っています!

 同僚の疑問に答えようと、奈…

この記事は有料会員記事です。残り1257文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら