東京五輪めざす12歳 スケボーパーク女子・開心那選手

有料会員記事

能田英二
【動画】スケボーで五輪出場をめざす開心那さん=能田英二撮影
[PR]

 「東京五輪で楽しく、格好よく滑る姿を想像しています」

 小学校を卒業したばかりの、このアスリートの言葉は夢物語ではない。スケートボード・パーク女子、現在世界ランキング9位の開心那(ひらきここな)選手(12)=北海道苫小牧市=は、夏季五輪では日本史上最年少となる出場を見すえる。

 3月上旬の夜、札幌市の屋内施設「HOTBOWL Skate Park」。開選手は母美奈子さん(43)運転の車でやってきた。練習はパークが閉まる午後9時すぎまでの約2時間。幅8・125インチ(約206ミリ)のボードを自在に操り、トリック(技)を繰り出す。

スケートボード

 東京五輪で新競技に採用された。45秒間の持ち時間にトリック(技)を繰り出し、技の難易度、スピード、構成、独創性などの点数を競う。五輪では、大きな皿や深いおわんを組み合わせたようなくぼ地状のコースの「パーク」、街の階段や手すりなどの直線的な構造物を配した「ストリート」の2種目に分かれる。日本は各種目で男女それぞれ最大3の出場枠の獲得をめざす。

 リゾート地にほど近い北海道倶知安町生まれ。札幌出身で転勤族の父洋介さん(43)と一緒にスケートボードを始めたのが5歳。苫小牧市へ引っ越した6歳でHOTBOWLのスクールに入り、のめり込んだ。

 他競技であれば当たり前にい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら