第2回支援後「礼がないなら警察だ!」 感謝求める「督促状」

有料会員記事

中塚久美子
[PR]

 「これで2回目の督促だ! 礼がないなら、次は警察から連絡があるから待ってなさい!!」

 「19歳ひとり親 『ご飯ない』と検索」(昨年10月18日付朝刊1面掲載)で伝えた、幼い男の子を育てながらコロナ禍で困窮するシングルマザー。彼女たちを支援する団体のもとに、今年1月、感謝の「督促状」が届いた。

 大阪府内に住むシングルマザーの女性は、日本がコロナ禍に突入した昨年3月、1人で出産した。子どもの父親にあたる男性は、妊娠を知ると女性のもとを去った。頼れる身内はいない。手元に残ったのは2万円。具のないみそ汁で食いつないだが、体重は40キロにまで落ちた。月8万円弱の育児休業給付金などで生活をつなぐが、それも2月末には切れる――。

 女性と乳児のことを伝えた記事には、多くの反響が寄せられた。私(記者)の職場の机の上には、現金書留や食品が入った段ボール箱が並んだ。女性を支援している団体を通じて、親子に届けた。朝日新聞の「お客さまオフィス」に、支援先を問い合わせてきた人に対しては、支援団体の承諾を得て団体のウェブサイトを案内した。

拡大する写真・図版コロナ禍の下、一人で子育てをする19歳(当時)の女性について報じた2020年10月18日付の朝日新聞朝刊1面

 「思いやりの心を実行に変える力が新聞にはある。新聞の使命ですね」。こう読者に励まされたばかりだった私は、「感謝請求」の一件にショックを受けた。

貧困は個人の物語ではなく、構造的問題として社会全体で考えていくべきだと思い、それをずっと伝えてきたつもりだった記者。ほとばしる「支援」感情の矛先に、頭を抱えます。

 ほとばしる「支援」感情の矛…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載「ご飯ない」から始まった(全4回)

この連載の一覧を見る