大阪城もあべのハルカスも見えない… 黄砂が再び大阪に

森岡みづほ
【動画】大阪で2日連続黄砂を観測 ビル群かすむ=佐々木崇暢撮影
[PR]

 九州から東北にかけて30日午前、黄砂が観測された。大阪府での観測は29日に続き2日連続。大阪管区気象台によると、午前9時時点の府内の視界は5キロで、大阪市中心部のビル群はうっすらとかすんでいた。

 黄砂は中国大陸の砂漠の砂が、春先の偏西風などに乗って飛来する。気象庁によると同時刻、大阪以外にも、全国にある観測地点のうち新潟と仙台、広島、高松、福岡、鹿児島の6カ所で観測された。黄砂は31日夜ごろまでにいったん収まる見通し。(森岡みづほ)