中京大中京の捕手、趣味は人間観察 打者の癖を逃さない

上山浩也
[PR]

(29日、選抜高校野球 中京大中京6ー0東海大菅生)

 「スコアボード見てみ。6点差あるぞ」。九回裏、2死満塁の守備で内野手たちがマウンドに集まった時、中京大中京の加藤優翔捕手(3年)はエースの畔柳亨丞投手(3年)にそう語りかけた。負けん気が強い右腕は一息つくと、最後の打者を中飛に打ち取った。

 1、2回戦でチーム初安打を放っていた6番打者の加藤捕手は、この日は五回1死二、三塁から外角球を中前に2点適時打。前の打席で遊ゴロになった時の相手の守備位置を見て、中堅返しを心がけた。これが今大会6安打目で、「甲子園はボールが見えやすい」。守備では、二回1死から四球で出塁した走者が試みた二盗を阻止するなど、反撃の芽を摘んだ。

 趣味は人間観察だ。普段は通学電車の中でも、人々がどう行動するのかを見つめる。「それを野球につなげて、甘い球を逃した後の打者の癖などをもとに、配球を考えたりしています」

 畔柳投手の最大の魅力は力強い直球。相手打者がその球を狙ってくることも分かっているが、この日は序盤から直球の割合を多くしていた。「日本一になるには、ストレートを張られていても投げないといけない。その後のカーブとかでうまく抑えられたと思う」。六回の先頭打者に中前安打を許すまで、無安打の投球を引き出した。

 「(畔柳投手は)気持ちが高ぶると、球が高めに浮く。僅差(きんさ)で長打されると、逆転される可能性もある。もっと慎重にいきたい」。準決勝に向けて、気持ちを引き締めた。(上山浩也)