カップヌードルの残りスープ固めます 日清食品など開発

若井琢水
[PR]

 即席麺の残ったスープの処理に困っている――。そんな声にこたえ、日清食品が「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」を小林製薬と共同開発した。固めたスープは、容器ごと燃えるゴミとして捨てることができるといい、食べることはできない。

 パウダーには、オムツや生理用品に使われる高吸水性樹脂パウダーが含まれている。スープに入れて10秒ほどかき混ぜ、しばらく放置すると固まる。パウダーや固まったスープを食べることはできない。

 使えるのは、「カップヌードル」のシーフードやカレー、旨辛豚骨など9種類。カップヌードルを食べたいけれど、食べ残したスープを捨てづらいというようなオフィスやアウトドアといった場面で使ってもらうことを想定している。

 パウダーは、5月9日までキャンプ場で無料配布している。日清食品によると、これまで「食べ残したスープの処理に困っている」という声が寄せられていたという。現時点で商品化の予定はないが、SNS上では「神アイテム」「販売して欲しい」という声が上がっている。(若井琢水)