年代、DNA語るイネの中の「石」 宮崎大で研究40年

有料会員記事

今井邦彦
[PR]

 植物の細胞壁に含まれる微小な石「プラント・オパール」から、日本の稲作のルーツに迫ろうという研究が、宮崎大学で40年以上にわたって続いている。最近は土から大量に抽出する方法が確立され、DNAを取り出して分析することや、年代を測定することも可能になりつつある。

 プラント・オパールは植物の細胞壁にケイ酸が蓄積されてできる石で、穀物や竹などイネ科の植物を支える「骨格」の役割も果たす。形や大きさは植物の種類で異なり、イネはイチョウの葉のような形が特徴。1980年代に青森県の水田遺跡で次々と検出され、弥生時代東北地方に稲作が到達していたことを示す資料として注目された。

写真・図版
イネのプラント・オパール。イチョウの葉のような形が特徴だ=宮崎大提供

 その検出を手がけたのが、宮崎大学農学部の藤原宏志名誉教授だった。70年代からプラント・オパールを農耕史の解明に応用する研究を進め、80年代に研究法として確立。中国・長江流域の草鞋山(そうあいざん)遺跡などでも日中の考古学者らと共同調査を進めてきた。

 藤原さんから研究を引き継い…

この記事は有料会員記事です。残り1390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。