コロナ第4波なら「内閣総辞職に値する」 野党3党一致

[PR]

 立憲民主、共産、国民民主の野党3党の国会対策委員長は30日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染再拡大が鮮明になっていることについて、ワクチン接種が滞ったり、第4波が防げなかったりした場合は、菅内閣の「総辞職に値する」との認識で一致した。立憲の安住淳国対委員長は記者団に、内閣不信任案提出を念頭に「取り得る行動はちゅうちょなくとっていきたい」と語った。

 安住氏は菅義偉首相の責任について、「全ての予算と権限を与えられているのが菅首相だ。第4波を防げなければ、大きな政治責任が発生する」と述べた。