BTS「差別に立ち向かう」欧米のアジア人ヘイトで投稿

笠原真
[PR]

 米国や欧州でアジア系住民に対するヘイトクライム憎悪犯罪)が社会問題になっていることを受けて、世界的人気を誇る韓国の男性アイドルグループ、BTSが30日、人種差別根絶を呼びかけるメッセージをツイッターに投稿した。投稿は2時間で90万を超える「いいね」を獲得し、50万回以上リツイートされるなど、大反響を呼んでいる。

 投稿はBTSのツイッターの公式アカウント(@BTS_twt)から発信された。メッセージは韓国語と英語で記されている。

 冒頭、アジア系を狙ったヘイトクライムの犠牲者の遺族にお悔やみを述べた上で、「私たちがアジア人として差別に直面した瞬間を思い出します。分別のない罵声に耐え、見た目を嘲笑されました。なぜアジア人が英語を話すのかと聞かれたことさえありました」と記し、自らも差別された経験があることを打ち明けた。そして、差別されたことは、「自分たちに無力さを感じさせ、自尊心が削られるのに十分なものでした」と強調した。

 さらに、「この問題について注意深く話し合うのにだいぶ時間がかかりました。そして、私たちはどのようにメッセージを発すべきか、じっくり考えました」とつづり、今回の投稿はメンバーで熟慮を重ねた結果だったことも明かした。

 最後は、「私たちは人種差別に立ち向かいます。私たちは暴力を非難します。あなた、私、そして私たち全員に、尊重される権利があります。ともに立ち上がりましょう」と締めくくった。(笠原真)