スエズ座礁、賠償責任は誰に? 損失「1日十数億円」

有料会員記事

カイロ=北川学 友田雄大、高橋尚之 森田岳穂
[PR]

 エジプト東部のスエズ運河で座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」が29日に離礁し、運河の通航が再開された。国際的な海上交易の要衝は6日ぶりに息を吹き返した。しかし、混乱した世界の物流が正常化するまでには、しばらく時間がかかりそうだ。

 「エジプトが危機を終わらせた」「世界の大動脈が再び動いた」――。30日付のエジプト主要紙は、すべて大型コンテナ船の離礁作業の成功を1面トップに掲げた。エジプト人自身で難局を切り抜けた誇りが垣間見える。

 正栄汽船(愛媛県今治市)が台湾の長栄海運に貸し出しているエバーギブンが離礁したのは29日午後。潮位が高い時間帯にタグボートなどで船体を動かす試みが成功し、そのまま自力で航行。夜には運河の通航が再開され、地中海側の入り口から大型船が続々と水路に入った。

 船舶の位置情報を提供するウェブサイトによると、30日午前現在、紅海側の入り口からも大型船が進入している。

 「滞留した船を通すことに全力を挙げる」。運河を管理するスエズ運河庁のラビア長官は29日夜の記者会見で強調した。

立ち往生した船は422隻

 事故が起きた23日以降、運河の出入り口付近や途中の湖で立ち往生した船は422隻。ラビア氏は「順調に行けば、3日から3日半ですべて通航できるだろう」と述べた。

 運河が再び通れるようになったことで、焦点は事故原因の究明に移る。

 事故当日のスエズの天候は悪く、秒速20メートル以上の砂嵐が吹いていた。運河庁は当初、視界不良と強風が原因としていたが、ラビア氏は「一つの要因が風だとすれば、それに伴う技術的または人的なミスもあるだろう」と述べ、複合的との見方を示した。

 コンテナ船は現在、途中の湖に留め置かれている。当局は船体の損傷状況を調べるとともに、船長や乗組員らから事情を聴く。(カイロ=北川学)

「情報集めている」 警戒続ける日本企業

 スエズ運河の停滞は、国内の…

この記事は有料会員記事です。残り1443文字有料会員になると続きをお読みいただけます。