天理、きょう準決勝 主将「チーム状態はすごくいい」

米田千佐子
[PR]

 第93回選抜高校野球大会でベスト4に進んだ天理は31日、準決勝第1試合(午前11時開始予定)で東海大相模(神奈川)と対戦する。優勝した1997年の第69回大会以来の決勝進出をめざす。休養日の30日には兵庫県西宮市で約1時間、練習をした。

 天理は2回戦で健大高崎(群馬)、準々決勝で仙台育英(宮城)を下した。中村良二監督は「自分たちのやるべきことをやりきれている。関東の1位校と東北の1位校に勝てたので選手たちの自信になっている」と振り返った。東海大相模戦に向け、「今まで通り選手を信じて野球をするだけ。先発が最少点に抑え、取れるところで点を取れたら理想」と語った。

 内山陽斗(はると)主将(3年)は「全員が自覚を持って動けている。チーム状態はすごくいい」と話した。「自分たちは守りのチーム。守備でミスがないようにしたい。目の前の一戦を全員で全力で戦いたい」と意気込んだ。(米田千佐子)