「妊娠のタイミング最悪」マタハラした課長処分 大阪市

有料会員記事

本多由佳
[PR]

 大阪市住吉区の男性課長(58)が妊娠・出産をめぐる嫌がらせ「マタニティーハラスメント」を行っていたことが30日、明らかになった。市によると、課長は女性職員が妊娠した際、「タイミングが最悪。職場に迷惑がかかるのが分からないのか」などと発言していた。市は同日付で課長を停職3カ月の懲戒処分とし、発表した。

 処分を受けたのは住吉区政策推進課の課長。市によると、住之江区役所に勤務していた2017年2月~18年2月、直属の部下だった女性職員に妊娠してほしい月も命令口調で伝えたという。課長は「そういう方向のことは言ったかもしれない」とした上で「妊娠してもやっていけるように、本人のための言動だった」と説明しているという。

 また、この課長は17年4月ごろ~20年3月、別の職員にも「土下座して謝れ」「早く来い、どアホ」などと怒鳴るパワハラも行っていたという。

 松井一郎市長は30日、記者…

この記事は有料会員記事です。残り159文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら