ワクチン注射時のストレスで副反応 どう防いだらいい?

有料会員記事

小宮山亮磨
写真・図版
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種が、国内でも医療従事者から始まっている。重いアレルギー反応や注射後の痛みなどを懸念する声もあるが、より心配な副反応として、注射時のストレスで失神してしまう「血管迷走神経反射」をあげる専門家がいる。安心して予防接種を受けるには、どうすればいいだろうか。

 新型コロナのワクチンでは、アナフィラキシーと呼ばれる重いアレルギー反応がまれに起きると報告されている。ただ接種会場には、症状を抑える薬が用意してある。

 筋肉痛や体のだるさは、よく見られる副反応だ。日本ウイルス学会の理事などをつとめ、予防接種に詳しい長崎大学の森内浩幸教授によると、これは「ワクチンが効いて体が抗体をつくれるようになるための準備段階」だという。痛み止めの薬を飲めば和らぐし、2、3日すれば治る。

 むしろ、森内さんが心配するのは「血管迷走神経反射」と呼ばれる副反応だ。多くの人が接種を受けるなかで、この副反応について誤解された情報が広がり、それによってさらに副反応が増え、結果として、有用なワクチンを接種する人が大きく減ってしまう恐れがあるからだという。

 血管迷走神経反射とは一時的…

この記事は有料会員記事です。残り1126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら