東海大相模の大塚主将、決勝もベンチ外れる 急性胃腸炎

[PR]

 (1日、選抜高校野球 東海大相模ー明豊)

 ▼東海大相模の大塚、ベンチを外れる 東海大相模の主将で遊撃手の大塚瑠晏は急性胃腸炎で大阪市内の病院に入院しており、決勝もベンチを外れた。左翼手の門馬功が3試合続けて主将代行を務めた。閉会式ではチームメートが大塚の背番号6のユニホームを持って行進した。