五輪聖火リレー「大阪市内では中止に」知事と市長が発言

[PR]

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、大阪府吉村洋文知事は1日、東京五輪聖火リレーについて、「大阪市内では中止すべきだ」との考えを示した。大阪市松井一郎市長も同日の記者会見で「大変残念だが、聖火リレーは見合わすべきかなと思う」と述べた。今後、大会組織委員会と協議していく。

 大阪府では今月13日と14日の2日間予定されており、大阪市には14日に聖火が入り、市中央公会堂前でイベントが行われる予定になっている。松井市長はイベントについて「無観客(開催)という形を取らざるを得ない」とした。

 大阪府は、緊急事態宣言の前段階と位置づけられている「まん延防止等重点措置」(まん防)の適用を政府に要請しており、5日にも適用される見通しとなっている。吉村知事は中止する理由として「適用地域では不要不急の外出自粛に取り組むべきだ」と話した。