日誌に落書きした中3、褒めた先生 卒業後届いたエール

有料会員記事

若松真平
[PR]

 中学時代、クラスメートが毎日交代で担任の先生に提出していた日誌があった。

 今週の目標や授業の内容、欠席者などを書く連絡帳のようなものだ。

 メイクアップアーティストを目指して美容学校に通う安部祐一朗さん(19)の手元には、中学3年の時の1冊がある。

 卒業式の後、担任だった女性教師に頼んで譲ってもらったものだ。

 自らが担当した1月のあるページは、項目を無視して「落書き」がしてある。

 「今週の目標」「学級活動の記録」といった欄を埋めるように、鉛筆で大きくリンゴの絵が描かれているのだ。

 サボりたかったわけではない。始めて間もない鉛筆画を見てもらいたかった。

 提出した日誌が返ってくると、赤ペンで先生からのコメントが添えられていた。

 「めっちゃウマイやん!! …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら