火災保険「値上げは不可避」 三井住友海上の船曳社長

有料会員記事

山下裕志
[PR]

 1日に三井住友海上火災保険の新社長に就いた船曳(ふなびき)真一郎氏が朝日新聞の取材に応じ、火災保険のさらなる値上げについて「不可避の選択肢だ」と述べた。自然災害が近年多発しているため、損保業界は保険金の支払いが膨らんでいる。

 同社の火災保険の収入は自動車保険に次ぐ規模。2010年度から過去10年間赤字が続いており、1月に法人向けも含めて全国平均で6~7%ほど値上げした。「自然災害リスクの引き受けは日本の損保の存在意義。持続的な提供のしくみをつくることは『一丁目一番地』の課題だ」とも語り、値上げ幅を抑える方策も探る。

 DX(デジタルトランスフォ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら