訴訟中のセブン、駐車場に本部が仮店舗 元店主が反発

栗林史子
[PR]

 コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパンが、元店主に建物引き渡しなどを求めて提訴している大阪府東大阪市の店舗をめぐり、本部側は1日、駐車場に仮設店舗を建設する工事を始めた。元店主側は「工事を強行するのはおかしい」と反発している。

 店舗は「セブン―イレブン東大阪南上小阪店」。元店主の松本実敏さんが2019年2月に深夜休業を始めたことをきっかけに本部と対立し、本部は同年末にFC契約を解除。松本さん側は契約解除の無効などを、本部側は建物の引き渡しなどを求めて大阪地裁に損害賠償訴訟を起こしている。

 店舗は現在休業状態だが、本部は1日、駐車場の土地を分割、仮囲いをして仮設店舗の建設を始めた。これまで松本さん側に任意での店舗引き渡しを求めていたが、松本さんが応じなかったために建設に着手したという。本部は仮店舗を建てる理由を「『買い物や防犯のために営業を再開してほしい』と地元住民から要望がきている」と説明し、店舗は訴訟の判決が確定すれば解体する方針だ。

 松本さんは同日、「セブン本部は不当な実力行使を止めてください!」とする貼り紙などを元の店舗に掲示した。取材に対し、「店舗を明け渡すと最後のとりでがなくなってしまう。裁判で決まれば従うが、仮店舗建設を強行するのはおかしい」と話した。(栗林史子)