32年夏季五輪「ソウル・平壌の共同で」ソウル市が提案

ソウル=神谷毅
[PR]

 韓国のソウル市は1日、2032年夏季五輪パラリンピックについて、ソウルと北朝鮮の平壌で共同開催する誘致提案書を国際オリンピック委員会(IOC)に提出したと発表した。IOCは2月、開催候補都市としてオーストラリアのブリスベンを優先交渉都市に選んだが、ソウル市は「韓国政府とソウル市はこれに遺憾を表明し、IOCと協議を進めて今回の提案に至った」としている。

 南北の首脳は18年9月、南北共同開催の誘致で合意。文在寅(ムンジェイン)大統領はその後も共同開催について強調してきた。ソウル市は今回、ソウル・平壌の共同開催のビジョンを「境界と限界を超え、未来に向かっていく」と発表。「スポーツを通した世界平和の実現というIOCのビジョンと、朝鮮半島の平和という韓国政府の長い間の念願は共に達成できる」としている。(ソウル=神谷毅)