きわどい半目勝負を河野臨が制す 囲碁名人戦リーグ

[PR]

 囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は4月、第5ラウンドに入り、1日の第1局で河野臨九段が余正麒(よ・せいき)八段に白番半目勝ちし、通算スコアを2勝3敗と押し戻した。敗れた余も2勝3敗となり、リーグ残留争いにまわる。

 河野は残留争い、余は挑戦者争いのために譲れない戦いは際どい半目勝負となり、最終盤の難解な半コウ争いを河野が制して勝負を決めた。

 挑戦者争いは現在、一力遼天元、羽根直樹九段が3勝0敗で同星首位で並び、許家元(きょ・かげん)八段が3勝1敗で続く。挑戦の可能性は2敗までが圏内とされ、余の脱落で残る2敗者は山下敬吾九段と本木克弥八段(いずれも1勝2敗)のふたりのみとなった。