静と動、数奇な恋 坂東巳之助とシム・ウンギョンが共演

有料会員記事

編集委員・藤谷浩二
[PR]

 コロナ禍に苦しみながらも意欲的な創作が続くミュージカル界に、異色の新作が登場する。歌舞伎俳優の坂東巳之助と韓国の俳優シム・ウンギョンが主演する「消えちゃう病とタイムバンカー」は、映画監督の長久允(まこと)が作・演出。ジャンルを超えた若い才能による化学反応が見どころだ。主演の2人が、新たな挑戦について語った。

 悪徳企業「時間銀行」に勤め、他人の時間を搾取する冷酷な灰原(巳之助)と、悲しい気持ちになると体の一部が消えてしまう病気を持つM(シム)。2人の数奇な恋の行方を描く。

 古典歌舞伎から新作歌舞伎NARUTO―ナルト―」まで幅広く活躍する巳之助はバンドを組むほど音楽好きだが、「歌は得意じゃないし、最初はお断りしようと思った」と明かす。「ところが灰原は歌わない役で、そこに役柄として意味があるところにひかれました。台本を読み、面白い物語になりそうだな、と」

音楽は愛印。6日開幕予定だったが、公演関係者に新型コロナ陽性者が確認されたため、8ステージが中止となった。17~25日、東京・池袋の東京芸術劇場。30日~5月1日、大阪・梅田芸術劇場。電話0570・077・039

 映画「新聞記者」で日本アカ…

この記事は有料会員記事です。残り732文字有料会員になると続きをお読みいただけます。