[PR]

 静岡銀行グループの入社式が1日、静岡市清水区草薙北のしずぎん本部タワーであった。例年、200人を超える新入社員が一堂に会するが、今年は昨年と同様に、少人数に絞った入社式のほか、それぞれの配属先とテレビ会議システムでつなぐライブ配信形式で実施された。

 式には新入社員263人のうち、代表者約10人が出席した。それ以外の新入社員や親はテレビ会議システムを通じて参加した。静岡銀行グループは女性の活躍に力を入れ、同行の大卒・大学院卒枠でみると、女性が94人で男性90人と初めて女性の入行数が男性の数を上回った。

 式で柴田久頭取は新入社員に対し、「大きな夢と目標を描き、自らの未来を共に切り開こう」とエールを送った。終了後、母子家庭で育ったという静銀ティーエム証券の新入社員、当房範智さんは「資産形成など自分と同じような境遇の人たちのお手伝いができれば」と話した。(和田翔太)

関連ニュース