ジャンボ尾崎の孫、なぜ軍服に? 米国で目指す大きな夢

有料会員記事スポーツPlus

榊原一生
【動画】夢はNFL入り ジャンボ尾崎の孫、将哉の挑戦
[PR]

 午前6時。校舎内に起床を知らせるラッパの音が響き渡る。ベッドから跳び起きると、急いで迷彩色の軍服に袖を通す。ブーツの靴ひもを締めて中庭へ。行進の練習が始まった。

 米ニューメキシコ州にある全寮制の公立軍事学校。尾崎将哉(まさや)がここに入って、8カ月になる。身長193センチ、体重115キロ。20歳は今、ライフルを手に軍事訓練を受けながら、日本のアスリートが誰も成し遂げたことがない「アメリカンドリーム」を追っている。

ニュースレター「スポーツPlus」

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は4月6日配信分をWEB版でお届けします。

 祖父は、プロゴルファー「ジャンボ尾崎」こと尾崎将司(74)。国内ゴルフツアー歴代最多の通算94勝、賞金王12度のレジェンドだ。父親の智春(49)も元プロゴルファー。さらに大叔父の「ジェット尾崎」こと健夫(67)、「ジョー尾崎」こと直道(64)もプロツアーで活躍した人気選手だった。

 ゴルフ一家に生まれた尾崎だが、クラブを握ったことはほとんどない。「ボールを打っても爽快感がなく、興味を持てなかった。じいちゃんから野球は教えてもらったけど、ゴルファーになれと言われたことはなかった」。そもそも祖父がどんな偉大なゴルファーなのか、よく知らない。

 米国で軍の訓練をしてまでも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら