大阪市の聖火リレーの中止検討、五輪相「理にかなう」

小野太郎
[PR]

 丸川珠代五輪相は2日の閣議後会見で、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」(まん防)が適用される大阪市で、東京五輪聖火リレーの中止が検討されていることについて、「理にかなった検討だ」と述べ、理解を示した。

 丸川氏は会見で「地域の医療を預かる大阪府が、自身の考えとしてこういうことを示すのは、私は理にかなった検討だと思う」と府の対応を評価。府内では代替案として大阪市以外の17市町での実施を検討しているが、「密を避けた形で聖火がつながれていくことを願っている」と述べた。

 大阪府内の聖火リレーは13~14日、大阪市を含む18市町を走る予定だった。吉村洋文知事は1日、「まん防」の適用で「大阪市内に不要不急の外出自粛をお願いすることになる。大阪市内の聖火リレーは中止すべきだ」と話していた。(小野太郎)