官邸での13人会合 開催した官房副長官を長官が注意

[PR]

 坂井学官房副長官が菅義偉首相に近い自民党の当選4回以下の無派閥有志でつくる「ガネーシャの会」の会合を首相官邸で開いたことについて、加藤勝信官房長官は2日午前の記者会見で坂井氏に「批判を生みうるような行為は厳に慎むべきだ」と注意したことを明らかにした。

 加藤氏は会見で「官邸は公の場所なので、それを使うにあたっていろんなことを配慮する必要がある」と理由を説明。坂井氏から「今後こうしたことは控えていきたい」と謝罪があったという。

 1日に開かれた会合には、坂井氏を含め13人が参加。4グループに分かれて、別々の部屋で昼食もとった。新型コロナウイルスをめぐる経済対策やワクチン政策などについて話し合ったとされる。参加者によると首相は参加していなかったという。

 同党と連立を組む公明党石井啓一幹事長は2日の記者会見で「官邸に限らず、役所内において政務の会合を行うことは控えるべきだ」と苦言を呈した。