わがままだった父 80歳を過ぎて介護が必要になり…

有料会員記事

[PR]

それぞれの最終楽章・読者から(4)

遠藤節子さん(静岡県沼津市・55歳)①

 私は昨秋まで看護師をしていました。そんな私の「最終楽章体験」は、2018年4月に、84歳で亡くなった父のことです。2回に分けてお伝えします。

 父は26歳のとき、2歳年上の母と恋愛結婚をしました。一言でいうと、「家のことは何もせず、偏屈でわがままな父」でした。家族旅行、いや家族での外出もほとんどありませんでした。

 私が中学のときは、こんなこともありました。友達と出かけ、雨が降ってきたので、「迎えに来て」と頼んだら激怒。迎えには来てくれましたが、真っ赤になって一言も口をききませんでした。

 そんな父の仕事は、印刷会社…

この記事は有料会員記事です。残り891文字有料会員になると続きをお読みいただけます。