聖火リレーで使う伝統の舟、男性限定を変更 愛知・半田

有料会員記事

嶋田圭一郎、土井良典、斉藤佑介
[PR]

 6日に実施される愛知県半田市での東京五輪聖火リレーで、半田市は男性限定としていた伝統の「ちんとろ舟」への聖火リレーでの乗船を、女性も認めるよう変更した。聖火リレーでの舟の利用が「女人禁制」だとの報道が2日にあったことを受け、変更した。

 半田市では毎年4月中旬に「ちんとろ祭」があり、住吉神社の宮池にちんとろ舟を浮かべ、子どもの舞を奉納するなどして五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。祭りでは舟に乗るのは男性とされている。

 市はリレーの1区間に半田運河を選び、ちんとろ舟を約200メートル走らせることにした。加藤計志スポーツ課長は「半田の歴史と文化を発信したい一心だった。女性が乗船できないと県に伝えた上で了解も得ていた。女性差別の意識は全くなく、市民からの批判もなかった」と話す。

 報道を受け、市は今回のリレーを「祭礼」ではなく「イベント」として実施することとし、女性にも乗船してもらうという。

 県内での聖火リレーをとりま…

この記事は有料会員記事です。残り377文字有料会員になると続きをお読みいただけます。