力士が心待ちにする九州場所 鍋が絶品「魚の横綱」とは

有料会員記事

波戸健一
【動画】なるほど大相撲「地方場所編」九州場所
[PR]

 「九州場所が始まる頃に値段が一気に上がる」と言われる高級魚がある。「魚の横綱」と呼ぶ人もいるアラ(クエ)だ。

 大きいほど脂が乗っているという白身魚は、刺し身でも、唐揚げでも、塩焼きでもうまい。ただ何と言ってもその味が抜群に引き立つのが鍋。白身なのに脂がとろりと濃厚で、口の中で身がほろほろと崩れてゆく。年中とれる魚だが、鍋で食べることを考えても、旬と言えば秋から冬の寒い時期になる。

 アラを愛してやまなかった元大関貴ノ浪の故音羽山親方は言っていた。「どんな味かって、アラはアラの味でして、ほかに例えようのない味ですね」

【マンガ動画】なるほど大相撲・地方場所編

昨年の春場所を最後に開催が途絶えている大相撲地方場所の魅力について、マンガでわかりやすく解説します(制作:朝日新聞デザイン部)

 お相撲さんが九州場所を心待…

この記事は有料会員記事です。残り749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。