大阪府、新たに613人感染 2日連続600人超

新型コロナウイルス

[PR]

 大阪府は2日、府内で新たに613人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。616人だった1日に続き、2日連続で600人を上回った。また、70~90代の男女5人が亡くなったことも確認され、府内の感染者は延べ5万3496人、死者は計1189人になった。

 新たに感染が判明した613人のうち、7割近い410人は感染経路が分かっていない。入院中の重症患者は前日より16人多い112人。府が確保している病症(224床)の使用率は50%となった。重症病床の使用率が5割を超えるのは、2月17日以来。

 また、これまでに感染が確認された人のうち、新たに246人が変異株に感染した疑いのあることが判明した。府は国立感染症研究所に検体を送り、詳しい解析を依頼した。これまでに府内で変異株に感染した疑いのある人は627人、変異株への感染が確定した人は207人となっている。

 府によると、変異株に感染した人の濃厚接触者や接触の可能性がある人を優先的に検査するため、変異株の陽性率が高くなる傾向にあるという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]