坂井副長官の「官邸私的利用」や発言に批判 本人は釈明

[PR]

 坂井学官房副長官が菅義偉首相に近い自民党の当選4回以下の無派閥有志でつくる「ガネーシャの会」の会合を首相官邸で開いたことに、加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、「批判を生みうるような行為は厳に慎むべきだ」と、坂井氏に注意したことを明らかにした。与野党からも批判が出ており、政権には痛手となっている。

 1日の官邸での会合には計13人が参加した。グループに分かれて別々の部屋で昼食を取り、新型コロナウイルスの経済対策などを話したという。会見で加藤氏は「官邸は公の場所で、使うにあたって配慮する必要がある」と指摘。坂井氏から「今後こうしたことは控えたい」との話があったことを明らかにした。

 立憲民主党枝野幸男代表は2日の会見で「責任をとって辞任するのが当然」と迫った。共産党の田村智子政策委員長は会見で「派閥の会合に利用すること自体が本当に不適切」と断じた。

 坂井氏が出席した2日の衆院内閣委員会では、立憲の柚木道義氏が、1日の記者団の取材に対し坂井氏が「何が問題とお考えか」と述べたことを批判。坂井氏は「質問の趣旨があいまいで、『逆に何が問題と考えますか』と聞いたものだ」と釈明した。

 与党からも厳しい声があがる。自民党佐藤勉総務会長は「今まで官邸でやったなんていう話、私の政治生活で聞いたことがない」とし、「猛省を促したい」。公明党石井啓一幹事長は「役所内において政務の会合を行うことは控えるべきだ」と苦言を呈した。