田中邦衛さん死去 88歳、「北の国から」黒板五郎役

有料会員記事

 テレビドラマ「北の国から」の黒板五郎役で人気を博した俳優の田中邦衛(たなか・くにえ)さんが3月24日、老衰のため死去した。88歳だった。葬儀は家族で営んだ。お別れの会などの予定はないという。

 岐阜県土岐市出身。麗沢短大を卒業後、茶わんを焼く家業を手伝いながら中学校の臨時教員をしていたが、1955年に3度目の受験で俳優座養成所に合格した。

 57年に「純愛物語」で映画初出演。大きな垂れ目と巻き舌の話し方が注目され、個性豊かな脇役として頭角を現した。61年に始まった映画若大将」シリーズでは、加山雄三さん演じる若大将のライバル青大将をコミカルに演じて注目を集めた。黒澤明監督の「椿三十郎」や「網走番外地」「仁義なき戦い」、山田洋次監督の「学校」など人気シリーズに欠かせない顔となった。

 73年に俳優座を退団して安部公房スタジオに入り、その後、フリーとなった。

 代表作が、81年から2002年まで放送され国民的ドラマとなった「北の国から」(倉本聰脚本)。幼い兄妹を不器用ながら温かく見守る父親・黒板五郎を好演した。ロケ地となった北海道・富良野には今も多くのファンが詰めかける。

 「学校」で演じた夜間中学の初老の生徒役などで日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。99年には紫綬褒章、06年に旭日小綬章を受章した。

■「最期の日まで、前向きに生…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。