「キックの鬼」沢村忠さん死去 真空飛びひざ蹴りで人気

 「キックの鬼」の異名で昭和のプロスポーツ界を彩ったキックボクシングの沢村忠(さわむら・ただし、本名白羽秀樹〈しらは・ひでき〉)さんが、病気のため3月26日に死去していたことが1日、分かった。78歳だった。葬儀は近親者で行った。

 旧満州中国東北部)の生まれ。幼少期から空手を習い、後にキックボクシングに転向。半生を描いた漫画、テレビアニメ「キックの鬼」から愛称が定着した。出場した試合のテレビ中継では得意技の「真空飛びひざ蹴り」を繰り出し、絶大な人気を集めた。

 1973年の日本プロスポーツ大賞に選ばれている。