日米韓、北朝鮮の対応協議へ 中国念頭に半導体供給網も

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 日米韓3カ国の国家安全保障会議(NSC)の責任者による会合が2日、米ワシントン近郊のメリーランド州アナポリスで開催された。バイデン政権のもとでの開催は初。ミサイル発射の再開で軍事的な挑発行動を見せる北朝鮮への対応を中心に協議するほか、中国との競争政策を念頭に半導体などの供給網(サプライチェーン)のあり方についても協議する見通しだ。

 2日の会合に参加したのは、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)、北村滋国家安全保障局長、韓国大統領府の徐薫(ソフン)国家安保室長の3人。1日、記者団との電話会見に応じた米政権高官によると、会合では北朝鮮問題のほか、新型コロナウイルスへの対応、気候変動問題についても協議するという。

 とくに中心議題となる北朝鮮問題をめぐっては、バイデン政権が進めている対北朝鮮政策の見直しについて米側が日韓両国に説明する見通しだ。バイデン政権はトランプ政権のもとで非核化交渉が停滞し、北朝鮮が核ミサイル開発を継続したことを問題視。政権発足後、専門家らの意見を聞きながら対北朝鮮政策の包括的な見直しに着手し、近く結論をまとめる。政権高官は対北朝鮮政策の見直しをめぐり「我々は日韓両国と最終的な協議を行う準備が整っている」と語った。

 一方、政権高官は「我々3カ…

この記事は有料会員記事です。残り295文字有料会員になると続きをお読みいただけます。