徳島県職員、送別会でクラスター「自粛、自粛だとは…」

新型コロナウイルス

杉田基
[PR]

 徳島県は2日、県職員7人を含む16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。10代から90代の男女で、2人が中等症、他は軽症か無症状という。県内で確認された感染者は計562人となった。

 県によると、3月末まで徳島保健所に勤務していた県職員の感染が1日判明し、さらに6人の県職員の感染もわかった。7人のうち6人は送別会を開いており、1人は保健所勤務だった。県はクラスター(感染者集団)に認定し、職員ら141人を検査している。保健所内を消毒し、業務に差し支えないよう各部署に職員を派遣するなどした。

飯泉知事「マスク励行や長時間やらないなど対策を」

 飯泉嘉門知事は2日の会見で、「県民に呼びかけているのに、結果としてしっかりした感染対策ができていなかった」と省みる一方で、「自粛だ、自粛だという訳にはいかない。飲食店ももたない。マスクの励行や長時間やらないなど対策を取ってもらうしかない」と述べた。

 他には、クラスターが発生した鳴門市の南海病院関連で6人、徳島大学関連で2人の感染が新たにわかった。(杉田基)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]