北朝鮮で在外公館が続々閉鎖 友好国ロシア大使館が投稿

有料会員記事

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 北朝鮮から各国の外交官が続々と脱出している――。そんな驚きの状況を、北朝鮮にあるロシア大使館が1日、フェイスブックで明らかにした。新型コロナウイルス対策による厳しい行動制限に加えて物資不足も深刻で、平壌にある12カ国の在外公館がすでに閉鎖されたという。

 いまも大使が残るのはロシアを含む9カ国だとし、「医薬品を含む必需品の不足が深刻で、健康の問題を解決できない。誰もが耐えられる状況ではない」という。

 平壌のロシア大使館によると、現地では「前例のない厳しい制限措置がしかれている」と説明。英国やドイツフランススイスブラジルなどの在外公館が閉鎖され、「国際人道機関のすべての外国人も帰国した」。現在残っている外国人は290人未満だとしている。ロシア大使館でも「複数の外交官が様々な理由で帰国を余儀なくされた」とし、今後も外国人の出国が続くと予想する。

 ロシアは北朝鮮と緊密な関係…

この記事は有料会員記事です。残り148文字有料会員になると続きをお読みいただけます。