米国の対北朝鮮政策の見直しを協議 日米韓NSC会合

ワシントン=園田耕司
[PR]

 日米韓3カ国の国家安全保障会議(NSC)の責任者による会合が2日、米メリーランド州アナポリスで開催された。会合では、バイデン政権が進めている対北朝鮮政策の見直しについて協議。日米韓の緊密な連携のもと、北朝鮮の核ミサイル開発問題に対処することを確認した。

 バイデン政権下では初開催で、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)、北村滋国家安全保障局長、韓国大統領府の徐薫(ソフン)国家安保室長の3人が出席した。共同声明によると、サリバン氏らは国連安保理決議を国際社会が完全に履行することが必要であることを確認。南北離散家族の再会と拉致問題の迅速な解決の重要性も協議した。

 また、新型コロナウイルス問題や気候変動のほか、クーデター後の混乱が続くミャンマーの民政回復に向けた協力についても議題となった。(ワシントン=園田耕司)