銀座のママから医療の道へ 生まれ変わってもう一度輝く

有料会員記事新生活応援

河崎優子
[PR]

 夜の銀座でママだった女性が一念発起して、はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧を学び、この春、専門学校を卒業した。体調を崩した時にはりで救われた経験から、「自分も人の体の役に立ちたい」と6年間、勉強漬けの日々を過ごした。初夏には都内でマッサージ店を開院する。

 3月18日に都内で開かれた東京医療専門学校(本部・新宿区)の卒業式。スーツやワンピース姿の卒業生にまじり、港区の桝居(ますい)美保さん(52)は桜の柄の着物姿で、コチョウランの髪飾りをさして卒業証書を受け取った。「さくら(ママ時代の名前)から、みほに生まれ変わってもう一度輝きたい」と誓った。

 神奈川県鎌倉市出身。都内の私大を卒業後、秋葉原の免税店に勤務していた26歳の時、双子の姉に誘われて中央区の銀座6丁目に会員制クラブ「ふたご屋」を開店した。一般的な銀座クラブの半分の価格設定で踊り場に椅子を並べるほど客があふれ、数年後には3店舗に増えた。その経験を生かして出版した「銀座ママが教える『できる男』『できない男』の見分け方」(PHP研究所)はベストセラーになった。

 ただ、お酒は強くなく、午後6時から明け方まで働く日々はきつかった。向いていないと感じていたが、29歳で妊娠し、シングルマザーとして英国に留学する娘の学費を稼ぐために働き続けた。

 娘の高校卒業が近づいた20…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新生活応援

新生活応援

新しい年度が始まる4月、入学や入社など人生の大きな転機を迎える人も多いことでしょう。心機一転、新しいことを始めたくなるときでもあります。新生活を応援する記事をまとめました。[記事一覧へ]